Android     iphone    
ab1-banner

企業の社会的責任 


ETソーラー社は自分の社会責任をよく認める上に、もっと持続可能な発展のために、その社会的責任を履行しなければならないというのもよく理解しています。世界のエネルギー問題を解決するために貢献する私どもの役割についての共通の理解により、市民との協力を推進しています。我々が依頼している大切な資源の保護と培養に関する協力を通じて、持続的なビジネスを立てることはでき、商業的な目標も達成できると信じています。







2013年、ETソーラーはUNICEF(国際連合児童基金)と提携し、UNICEFの児童福祉の実証プロジェクト(CWDP)に寄付し始めました。ETソーラーはプログラムで覆われた子供たちを援助するだけではなく、全国の脆弱な子供の切実なニーズに応えるために、中国政府が取り組んだ方針と戦略にも応援しています。


    キャンパスでETソーラー男子バレーボール活動を行いました 2011年11月、ETソーラーは南京会計監査大学で「江蘇ETソーラー男子バレーボール」活動を行い、大学生たちにバレーボールの楽しみを感じさせました。。
    “私達に加入し、彼達を助ける”活動 2011年11月、ETソーラーは青海省千多小学校で“私達に加入し、彼達を助ける”活動を行いました。
    “陽光未来”活動 ETソーラーは雲南省福貢県石月亮村で環境保護、公共福祉、貧困学生の寄付を目指した“陽光未来”活動を行いました。
    環境保護への応答 毎年の3月12日に、ETソーラーの社員は活発に植木の日イベントに参加します。
    環境保護への応答 2013年3月、WWF(世界自然保護基金 )が主催するアースアワー活動の対応では、ETソーラーは「消 灯1時間から点灯1時間に変換するー太陽光エネルギーで映画を上映する」をテーマとして公益活動を行いました。
    フライ・トゥゲザー貧困学生の援助計画(中国江蘇) この計画は2010年5月から立ち上がりました。経済的、精神的に貧困な学生が大学に行くまで、ETソーラーはファミリーから学生をサポートするでしょう。
    江蘇男子バレーボールチームのスポンサー 2008年8月から、ETソーラーは江蘇男子バレーボールチームのスポンサーになりました。
    貧困地域に太陽光発電システムを寄贈(中国チベット) 2008年8月、ETソーラーはチベットMozugongka州に一千万中国元相当のET-H60住宅用太陽光システムを寄付しました。そしてその地区のこれまで電力が無いという歴史にグリーンエネルギーで終止符を打ちました。
c-contbottom04 c-contbottom01 c-contbottom03 c-contbottom02
Privacy Policy
COPYRIGHT © 2014 ET SOLAR. ALL RIGHTS RESERVED
弊社までご連絡ください 歴史 ダウンロードセンター キャリア プレスリリース ビデオ